健保組合で「医療費月1000万円以上」の患者が過去最多 背景に高額医薬品

産経ニュース
難病の脊髄性筋萎縮症の遺伝子治療薬「ゾルゲンスマ」(ノバルティスファーマ提供)
難病の脊髄性筋萎縮症の遺伝子治療薬「ゾルゲンスマ」(ノバルティスファーマ提供)

健康保険組合加入者の中で、令和3年度に1カ月の医療費が1千万円以上となった患者が延べ1517人と過去最多を更新したことが10日分かった。平成23年から10年間で約8倍に増えた。高額医薬品が近年相次いで登場し、定着したことが背景にある。令和3年度は1億円以上も7人いた。健康保険組合連合会(健保連)がまとめた。

健保組合は約1400あり、大企業の社員や家族約2850万人が入る。患者の自己負担は、毎月の負担額に上限を設ける高額療養費制度などを活用すれば数十万円までで済む。残りは加入先の健保組合が負担する。

3年度の最高は1億6852万円。1億円以上の7人は、いずれも筋力が徐々に衰える脊髄性筋萎縮症の点滴薬「ゾルゲンスマ」を使った。2年に公的医療保険適用となり、投与は2歳未満の患者に1回限りで、薬価は1億6707万円とされた。

今、あなたにオススメ

izaスペシャル

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 「中国軍機、やっぱり来た」佐藤自民外交部会長

  4. 道端アンジェリカ、19年恐喝容疑で逮捕の夫と離婚 心機一転新たな人生の道へ

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

今、あなたにオススメ