選抜出場が確実な専大松戸の最速151キロ右腕・平野大地が初ブルペン

サンスポ
初ブルペンに入った専大松戸・平野大地投手=専大松戸グラウンド(撮影・赤堀宏幸)
初ブルペンに入った専大松戸・平野大地投手=専大松戸グラウンド(撮影・赤堀宏幸)

今春の選抜高校野球大会(3月18日開幕=甲子園)に2年ぶり2度目の出場が確実視されている専大松戸(千葉)の最速151キロ右腕・平野大地投手(2年)が6日、千葉・松戸市のグラウンドで初めてブルペン入りし、中腰の捕手に対し30球を投げた。右上部肋骨を痛め、昨秋の関東大会決勝(10月30日)以来の投球だったが、「指先のかかりはよかった。目標は甲子園でベスト8以上で、個人的には154キロを投げたい」と平野は笑顔で話した。持丸修一監督は、「まだ30球で十分。他の投手も伸びてきているので、ゆっくりといかせたい」と目を細めた。選考は27日。

  1. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  2. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  3. 1月29日放送NHK大河「どうする家康」第4話あらすじ 信長(岡田准一)から驚くべき条件を提示される元康(松本潤)

  4. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン