2回TKOで王座陥落 谷口「認識が甘かった」

産経ニュース
2回、ジェルサエム(左)のパンチを浴びる谷口。TKOで敗れ、王座を失った=1月6日、エディオンアリーナ大阪(宮沢宗士郎撮影)
2回、ジェルサエム(左)のパンチを浴びる谷口。TKOで敗れ、王座を失った=1月6日、エディオンアリーナ大阪(宮沢宗士郎撮影)

わずかな隙が生んだ敗戦でベルトを失った。6日行われた世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級のタイトルマッチ。王者の谷口将隆(ワタナベ)は挑戦者のメルビン・ジェルサエム(フィリピン)の右ストレートを顔面に被弾し、2回1分4秒でTKO負け。2度目の防衛に失敗し「(挑戦者が)想像よりも上だった。自分の認識が甘かった」と唇をかみしめた。

1回の終盤、ボディーを当てて得た手応えが、思わぬ落とし穴となった。「いけるな、と思っちゃった自分がいて。ちょっと油断じゃないけど、隙ができた」

迎えた2回、不用意にガードを下げた際に右ストレートをまともに食らってダウン。2度立ち上がろうとしたが、足が言うことを聞かない。膝から崩れ落ち、レフェリーが抱きかかえて試合を止めた。「ああいう(パンチの)もらい方をするのは、自分はないだろうと思っていた」と悔やみきれない敗戦となった。

2021年12月、2度目の世界挑戦で王座を獲得。昨年4月の初防衛戦では挑戦者が前日計量で体重超過するアクシデントがありながら、リングに上がることを選んでTKO勝ちを収めた。そのベルトをプロ20戦目で初のKO負けにより手放すことになった。「ゆっくり記憶が戻ってきて、これから悔しくなるんだろうなと思ってる。それをかみしめてどうしていくか決めていきたい」と話した。(大石豊佳)

  1. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

  2. 1月29日放送NHK大河「どうする家康」第4話あらすじ 信長(岡田准一)から驚くべき条件を提示される元康(松本潤)

  3. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  4. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン