東山、多彩な攻撃で連勝し準決勝進出 春高バレー

産経ニュース
【東山-近江】第2セット、スパイクを放つ東山の尾藤大輝(3)=東京体育館(桐原正道撮影)
【東山-近江】第2セット、スパイクを放つ東山の尾藤大輝(3)=東京体育館(桐原正道撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」として行われる第75回全日本バレーボール高等学校選手権大会(産経新聞社など主催)の男女の3回戦と準々決勝が6日、東京体育館(東京都渋谷区)で行われた。京都府代表の男子・東山は3回戦で県岐阜商(岐阜)を、近畿勢対決となった準々決勝では近江(滋賀)をいずれもストレートで下した。7日の準決勝では鎮西(熊本)と対戦する。

3回戦はコンビバレーと粘り強い守備が特徴の県岐阜商と対戦。麻野堅斗(3年)の長身を生かしたスパイクや連続ブロック、尾藤大輝(ひろき)(2年)のバックアタックなど多彩な攻撃で圧倒し、2-0(25-17、25-23)で下した。

約3時間半後に行われた準々決勝では、近江と対戦。第1セットでは麻野のクイックや尾藤の相手の隙をついたスパイクなどの攻撃がさえわたり、優位に試合を進め25-19でこのセットを奪う。

第2セットは、序盤から攻守のバランスに優れた花村知哉(2年)の強烈なストレートや、高いブロックで7連続得点し、大きくリード。尾藤のフェイントや、セッターの当麻理人(3年)のトスと連係した麻野のスパイクなど、工夫を凝らした攻撃が次々と決まった。最後は麻野のサービスエースで25-16で勝利。危なげなく準決勝に駒を進めた。

  1. Wi-Fiルーターは暖房のついた部屋へ「知らんかった…」大寒波襲来を受けたバッファローの注意喚起が話題に

  2. NHK「舞いあがれ!」雪乃さん(くわばたりえ)の名言に朝ドラファン爆笑「冴えわたってんなぁw」「平安時代w」

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月27日OA第81話あらすじ 飛行機部品の圧造に成功、笠巻(古舘寛治)は転造での秘策を匂わす

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン