鎮西が2試合連続のフルセットを制して4強入り エース舛本「体力面でもきつかった」/春高バレー

サンスポ
スパイクを放つ鎮西・舛本颯真(3)=6日、東京体育館(桐原正道撮影)
スパイクを放つ鎮西・舛本颯真(3)=6日、東京体育館(桐原正道撮影)

全日本バレーボール高等学校選手権大会第3日(6日、東京体育館)男子の鎮西(熊本)がベスト4に進出。右膝の負傷を抱えるエース舛本颯真(3年)が、魂のスパイクでチームを準決勝に導いた。

「自分たちにとって最後の大会。やるしかないという意地でした」

3回戦は安食(あじき)浩士(3年)がいる東北(宮城)、準々決勝は泉田丈琉(3年)と堤凰惺(おうせ、2年)の二枚看板を擁する福井工大福井と、ともにフルセットの大激戦。安食とのエース対決で力を発揮した舛本だが、準々決勝では痛み止めの効果が切れた。

「体力面でもきつかった」。疲れ果てて、スパイクの通過点が低く、相手ブロックを弾き飛ばすパワーもない。「やばいなと思うときはあったけど、自分たちなら取り返せると思っていた」と、仲間を信じて打ち続けた。

準決勝は高校総体覇者の東山(京都)と対戦する。207センチの日本代表候補、麻野堅斗(3年)と対峙(たいじ)する。「楽しみです。最後の大会を楽しみながらやりたい」。目指すは頂点だ。(只木信昭)

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 【月刊正論】幹部の収入を暴露! 日本共産党の元党員の私が20の疑問に答えます 篠原常一郎

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 吉高由里子主演「星降る夜に」第4話あらすじ 春(千葉雄大)に寄り添おうとする一星(北村匠海)、2人は大喧嘩をしてしまう