四季彩-京の色・冬-

純白の生地、命吹き込む―京友禅

産経ニュース
染色作業の準備をする早川茂さん=京都市中京区(渡辺恭晃撮影)
染色作業の準備をする早川茂さん=京都市中京区(渡辺恭晃撮影)

「きれいに染まってくれよ」。京友禅の生地の地色を染める「引染(ひきぞめ)」の工程。「共和染色工業」(京都市中京区)の7代目、早川茂さん(58)は真っ白な生地を「伸子(しんし)」と呼ばれる棒でのばし、引染の準備に余念がない。淡い青、深紅、紫―。頭上には、鮮やかに染め上がった長さ約13メートルもの反物がグラデーションを織りなす。

染織品を代表する京友禅の着物。発祥は江戸時代にさかのぼり、今も正月や成人式といった祝い事を華やかに演出する。その反物が完成するまでにはおよそ20もの工程を重ね、一分野ごとに専門化していることでも知られる。

中でも、地色を生み出す引染は着物の印象を決める重要な作業の一つ。早川さんは客の好みに合う色を作り、生地の上で刷毛(はけ)を手際よく動かしていく。

染め上がった生地は艶っぽく、まるで命を吹き込まれたよう。「多くの人に着てほしい」。色むらを防ぐため、風量や湿度が管理された工房は冷え冷えとしているが、早川さんの思いを宿した反物が見る人の心を温かくする。(写真と文、渡辺恭晃)

  1. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  5. 新型コロナ「5類」引き下げへ それでもワクチン「6回目」は打つべきか、医師の見解