金蘭会、逆転で4強入り 1年生西村が窮地救う 春の高校バレー

産経ニュース
【第75回春の高校バレー 女子準々決勝】金蘭会(大阪)対共栄学園(東京)第3セット、スパイクを放つ金蘭会の西村美波(1)=6日、東京体育館(渡辺大樹撮影)
【第75回春の高校バレー 女子準々決勝】金蘭会(大阪)対共栄学園(東京)第3セット、スパイクを放つ金蘭会の西村美波(1)=6日、東京体育館(渡辺大樹撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」として行われるバレーボールの第75回全日本高校選手権で、昨夏の全国高校総体に続く制覇を狙う金蘭会(大阪)が準々決勝で共栄学園(東京)に2―1で逆転勝ちし、準決勝に進んだ。

最後は金蘭会のエース上村杏菜(2年)が強烈なスパイクをたたき込み、熱戦となった準々決勝を終わらせた。昨年のU-20(20歳以下)アジア選手権MVPの上村が「よくやった!」と真っ先に声をかけたのは西村美波(1年)。先行を許す窮地からチームを救った立役者は「勝ててよかった。安心した」と笑顔がはじけた。

上村が相手ブロックに次々と捕まり、第1セットを20-25で失ったところで池条義則監督が動いた。負傷した182センチの井上未唯奈(みいな)(2年)に代わり、今大会はセンターでの起用が続いていた西村を第2セットからアタッカーに回した。

「うちはスロースターターといわれるが、その中でも一番ひどい状態。上村が絶不調だったので(西村に)『頑張ってくれ』と」

中学時代からしのぎを削る共栄学園の秋本美空(みく)(1年)への対抗心も力に変えた177センチは水を得た魚のように躍動。20-23と追い込まれた終盤、強打を重ねて25-23とひっくり返すと、最終セットは調子を取り戻した上村と2人でスパイクを次々と決め、金蘭会を2大会連続の4強に導いた。

前回は優勝した就実(岡山)に準決勝で苦杯をなめた。当時、系列中学で部員たちと試合中継を見つめていた西村にとっては「自分も悔しかったし、次は自分もここに立つと誓った」舞台でもある。「立てると思うとびっくりする」と無邪気に話す16歳は、4大会ぶりの決勝進出への切り札となりそうだ。(奥村信哉)

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  5. 【月刊正論】幹部の収入を暴露! 日本共産党の元党員の私が20の疑問に答えます 篠原常一郎