中国からの入国検査強化 首相表明 13日に日米会談

産経ニュース
伊勢神宮の参拝を終え、年頭の記者会見をする岸田首相=4日午後、三重県伊勢市
伊勢神宮の参拝を終え、年頭の記者会見をする岸田首相=4日午後、三重県伊勢市

岸田文雄首相は4日、三重県伊勢市で年頭の記者会見を行い、新型コロナウイルスの感染が急増している中国からの入国者に対する水際対策を8日から強化すると表明した。陰性証明の提示を義務付け、入国時検査を精度の高いPCR検査などに切り替える。また、首相は9日からフランス、イタリア、英国、カナダ、米国を訪問すると明らかにした。13日に米ワシントンのホワイトハウスでバイデン大統領と会談する。

首相は「中国本土からの入国者に対する年末年始の検査結果や各国の水際措置を踏まえ、臨時的な措置を強化する」と述べた。

政府は昨年12月30日に中国からの入国者らに対し、入国時検査などの措置を取った。ただ、中国が今月8日から出入国管理を大幅に緩和することも踏まえ、同日から精度の高い検査に切り替える。中国との直行便も増便しないよう航空会社に引き続き求める。

首相が訪問する5カ国は、いずれも先進7カ国(G7)のメンバー。首相は5月に広島で首脳会議(G7サミット)を開催する予定で、首相は「G7議長として、今年1年、強いリーダーシップを発揮していきたい」と述べた。

13日のバイデン氏との会談では、反撃能力(敵基地攻撃能力)の保有などを盛り込んだ国家安全保障戦略など「安保3文書」の改定を踏まえ、日米同盟の一層の強化を確認する。

また、首相は「異次元の少子化対策に挑戦する」と強調した。対策の基本的な方向性として、児童手当を中心とした経済的支援の強化▽子育て家庭を対象としたサービスの拡充▽働き方改革の推進や育児休業制度の強化-を挙げた。小倉将信こども政策担当相の下で対策をとりまとめる。

このほか、今年の春闘に関し、連合が5%程度の賃上げを求めているとして、インフレ率を超える賃上げの確保を目指すと訴えた。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」