ビブリオエッセー

より深く追究してみれば… 「ミュージカルの歴史-なぜ突然歌いだすのか」宮本直美(中公新書)

産経ニュース

中学生の時からのミュージカルファンである。舞台も数々見てきたが、私にとってはミュージカル映画が欠かせない。先日、書店で見つけたこの新書は「なぜ突然歌いだすのか」という副題が目に留まった。確かに不思議で、そんなアプローチに興味を覚えた。

バラエティー番組でタレントさんがミュージカルの、突然歌いだすのに違和感を覚えると話していたが、それは舞台や映画と客席のお約束であり、疑問には思ってもあえて追及しなかったのではないか。そこで音楽社会学の専門家が歴史からひもといていく。

ミュージカルは「語ればよい台詞を歌って告げるジャンル」で「突然歌いだす」、つまり「台詞と歌の切り替えの際に何らかの『段差』を感じる」のが違和感の源だと著者はいう。音楽劇ジャンルの根本問題「言葉対音楽という問題を不可避的に内包している」のだ。

だから、その「段差」を感じさせない工夫に作り手は努力してきた。『ショウ・ボート』で提示された新たなミュージカルはロジャースとハマースタインによる『オクラホマ!』で「物語の筋と歌、ダンスのナンバーを一つに統合する形態を実現した」という。

この本はその時代の代表作が次々に出てきて楽しい。『ヘアー』に始まるロック・ミュージカルが舞台でワイヤレスマイクを使える環境にない時代、その大音量をどう処理したか。『トミー』や『ジーザス・クライスト・スーパースター』を見たときの感激もよみがえった。これまで見た東宝ミュージカルから劇団四季、そして多くのミュージカル映画が次々に脳裏をよぎる。

ミュージカルはエンターテインメント。この本でより深く知ることができ、今年も存分に楽しみたい。

堺市南区 納谷昭一郎(83)

投稿はペンネーム可。650字程度で住所、氏名、年齢と電話番号を明記し、〒556―8661 産経新聞「ビブリオエッセー」事務局まで。メールはbiblio@sankei.co.jp。題材となる本は流通している書籍に限り、絵本、漫画も含みます。採用の方のみ連絡、原稿は返却しません。二重投稿はお断りします。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  3. 独占・スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」

  5. 熊本県ならどの家庭にもくまモン1匹はいる?「水ダウ」企画に反響「ガチわかる」「いない方が珍しい」