四季彩-京の色・冬-

神前の巫女、鈴の音に願い重ねて―平安神宮

産経ニュース
神楽を奉納し、鈴を鳴らす平安神宮の巫女の谷口こころさん=2日、京都市左京区(渡辺恭晃撮影)
神楽を奉納し、鈴を鳴らす平安神宮の巫女の谷口こころさん=2日、京都市左京区(渡辺恭晃撮影)

紅白の彩りとともに、さやさやと鳴る黄金の神楽鈴の音が新たな時を刻んでいく―。令和5年が幕を開けた正月三が日、初詣の参拝者でにぎわう平安神宮(京都市左京区)。本殿で装束姿の1人の巫女(みこ)が笛や太鼓に合わせて神楽を奉納すると、優美な雰囲気に包まれた。

新年恒例の特別祈願での一場面。神前で巫女は今年の絵馬が付いた神矢を手に神楽を舞った後、見守る参拝者に向けて鈴を振った。「良い1年になるよう気持ちを込めて奉仕したい」。こう語って神楽を披露した巫女、谷口こころさん(23)の思いが鈴の音に重なる。

平安神宮によると、1~3日の三が日には約53万人の参拝者が訪れた。晴れ着姿も目立った境内では、開運や健康、合格祈願など、参拝者の願いはさまざま。昨年を無事に過ごせたことに感謝しつつ、新たな抱負や決意を胸に、それぞれの1年が始まった。(写真と文、渡辺恭晃)

1年を通じて四季が織りなす彩りに包まれる京都。自然や伝統文化などの「京の色」を季節ごとに切り取ります。

  1. Wi-Fiルーターは暖房のついた部屋へ「知らんかった…」大寒波襲来を受けたバッファローの注意喚起が話題に

  2. NHK「舞いあがれ!」雪乃さん(くわばたりえ)の名言に朝ドラファン爆笑「冴えわたってんなぁw」「平安時代w」

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月27日OA第81話あらすじ 飛行機部品の圧造に成功、笠巻(古舘寛治)は転造での秘策を匂わす

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン