〝鉄腕〟日本ハム・宮西尚生、初詣でのおみくじは「半吉」で「願いかなわず、って書いてありました」

サンスポ
母校の兵庫・市立尼崎高で自主トレを公開した日本ハム・宮西(撮影・東山貴実)
母校の兵庫・市立尼崎高で自主トレを公開した日本ハム・宮西(撮影・東山貴実)

通算380ホールドの日本記録を持つ日本ハム・宮西尚生投手(37)が4日、母校の兵庫・市立尼崎高で自主トレを公開。昨年9月の左肘手術後、初めて28球のブルペン投球を行った。

「一発目にしては上出来。今年は自分にとって勝負の年。ルーキーのように個人の結果だけを考えてやりたい」

昨季は不振から24試合の登板にとどまり、入団から続けてきた50試合以上登板は14年連続で途切れた。16年目の今季は年齢的にも「引退」の2文字と背中合わせのシーズンとなる。

年末年始も4勤一休のペースを崩さず、元旦だけは家族と初詣。引いたおみくじは「半吉」だったそうで、「『願いかなわず』って書いてありました。まあ、そこに頼らない自分の自信をつけていきたいですね」と笑った。

術後に新たに始めたルーティンが1時間の早朝散歩とバケツに入った米を握るライスグリップ。特にライスグリップは「ここ(左小指と薬指)の力が弱いんですよ。特にここ数年酷くなってきて、3本(親指、人さし指、中指)でしかボールをホールドできない感覚。だから、30回×2セットでやっています」と説明した。

母校の兵庫・市立尼崎高で自主トレを公開した日本ハム・宮西(撮影・東山貴実)

一昨年までは不動の勝ちパターンのセットアッパーとして主に八回を託されてきた左腕。「そこを担ってきたプライドは捨てていないし、もう一回そこに戻りたいという気持ちで今、練習している。とにかく納得のいく年にしたい。しっかり開幕戦から1軍にいて、ホールドを挙げられるように、キャンプ、オープン戦でもアピールしていきたい」。鉄腕復活-。母校のグラウンドのバックネット裏には永遠のチームスローガン「不撓不屈(ふとうふくつ)」の文字が掲げられていた。(東山貴実)

  1. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  2. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

  3. 1月29日放送NHK大河「どうする家康」第4話あらすじ 信長(岡田准一)から驚くべき条件を提示される元康(松本潤)

  4. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン