ウクライナ支援で防寒服が配布されない自衛官…真の防衛基盤強化を 防衛問題研究家・桜林美佐氏

ZAKZAK

ロシアによるインフラ施設への攻撃で、ウクライナでは暖房の使えない厳しい冬を越えなければならない。国民の生命が危険にさらされている。

わが国でもかつて、大陸戦線に赴いた兵士たちが衣替えもできないままで戦いを余儀なくされた。今の日本人にとって、こうした話は遠い国や過去の出来事だった。

しかし、実はこの冬、「寒い!」と訴える自衛官が多数出てきている。ウクライナに防寒服を提供したため、隊員に配布する分がないのだ。

この装備移転が決まったときは、まさに防寒服を配布しようと名札が付けられたところで、隊員たちが大急ぎで全てを剥がしたという。ウクライナへの物資は「不用品」として提供したため、補正予算などで手当てされていない。

では、急きょ増産ができるかといえば、それも困難という。国産繊維業界は安い輸入に押され製造能力が低下し、大量生産できる設備や人員を有していない。将来的な安定受注が約束されるか分からなければ、大規模投資をすることはできない。

最近、防衛産業の危機や基盤維持の議論が盛んになっている。最先端の技術をいかに保持するかに目が向けられる一方、こうした民生技術と区別し難い分野は軽視されがちだ。

しかし、制服がなければ、いざというときに自衛官は何を着て国を守るのか。

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」

  5. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」