DeNA単独インタビュー中編

新編成トップ・萩原龍大氏が明かす補強方針 チーム年俸増、京田獲得の背景 将来的な大物FA獲得、3軍制の可能性も言及

サンスポ
京田陽太(右)の入団会見に同席した萩原龍大チーム統括本部部長
京田陽太(右)の入団会見に同席した萩原龍大チーム統括本部部長

12月から新たにDeNAの編成トップに就いた萩原龍大チーム統括本部長(45)が、サンケイスポーツの単独インタビューに応じた。前・中・後編に分けてお届けする第2回は編成トップとしての理念がテーマ。目指すチームづくり、補強への考え方とその背景を聞いた。(取材構成・浜浦日向)

――編成トップとしての理念

「私個人の理念というよりは、高田GMが種をまいて、三原代表はそれを受け継いでさらに良いものにしていって、その歴史の中の一部として私もいると思っています。何か大きく変えて、チームを一から変えるつもりは全くないです。今育んでいるものをさらにより良くしていく、内部でしっかり育成をする。そして、私が唯一添えられるとしたら、そこに優勝という結果をちゃんともたらすことが2人に対する責任なのかなと。日本のプロ野球はわれわれが引っ張っているんだというような自負を持てるチーム、選手もスタッフもファンの皆さまも、このチームに関わると幸せがいっぱいあるなと思えるチームにすることが自分のやりたいことだと思っています」

――三原球団代表の退任時、今永が「新しいタイプの代表」と言っていたが、萩原氏のトップ像とは

「やっぱり三原さんとはずっと上司部下の関係だったので、近しいと思います。練習を手伝ったり気軽に話したりというのは当然今まで通りやっていこうと思っている。高みにいてめったに会ったことがないような状態というよりは、普通にそこにいる、チームを構成する一人のメンバーと思ってもらえるような行動をしたいと思っています。基本的に誰も私を役職で呼ぶ人もいないですし、みんな『ハギさん』なので、それがいいなと思います」

――肩書は変わらない理由

「基本、チームのことは全部私がやるという形になります。今までは三原さんに相談して、といっても自由にやらせていただいてましたが、今度は完全に自分が最終意思決定をする。だから、あまりやることは変わらないですね。編成の仕事は進藤(編成部部長)さんの力を借りることが多いので、その点はもう少しちゃんと認めてもらえるように、結果を残さなきゃいけないなという思いです」

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 【月刊正論】幹部の収入を暴露! 日本共産党の元党員の私が20の疑問に答えます 篠原常一郎

  5. 吉高由里子主演「星降る夜に」第4話あらすじ 春(千葉雄大)に寄り添おうとする一星(北村匠海)、2人は大喧嘩をしてしまう