台湾で兵役延長 賛否両論渦巻く 訓練内容に不満強く

産経ニュース
台北の総統府で記者会見する蔡英文台湾総統=27日(中央通信社=共同)
台北の総統府で記者会見する蔡英文台湾総統=27日(中央通信社=共同)

【台北=矢板明夫】台湾の蔡英文政権が2024年から、兵役義務期間を4カ月から1年に延長すると決定したことが台湾社会で波紋を広げている。

若者の政治参加を促進する団体、台湾青年民主協会の張育萌理事長は地元メディアに対し、「台湾を守るためなら兵役延長を支持するが、訓練の内容、実施方法などについて詳しく説明してほしい」と強調した。台湾の若者の間では、入隊への抵抗はないが、ほふく前進、銃剣術など台湾軍が現在、行っている伝統的な訓練内容への不満が強く、「時間の無駄」として、訓練内容の改革を求める声が上がっていた。

一方、2年後に入隊する予定の16歳の長男を持つ台北市在住の主婦(50)は、「規則正しい集団生活を1年送ることは子供にとっていいことだと思っている。戦争は起きてほしくないけれど」と話す。

台湾住民の多くは、台湾海峡での軍事的緊張の高まりを受け「兵役延長は仕方ない」と考えているようだ。台湾の民間シンクタンク、台湾民意基金会が今月中旬実施した世論調査では、市民の73%が兵役延長に賛成しているという。

ただ、ある台湾の大手紙記者は「富裕層は今後、兵役から逃れるため、子供を高校から海外に留学させることが増えるだろう。社会の不公平感が高まる可能性がある」と指摘する。

台湾の最大野党、中国国民党の内部では、兵役延長について意見が割れているようだ。同党は27日、「兵役制度の改革を支持する」との声明を発表した。しかし、同党の幹部で著名なニュースキャスター、趙少康氏は同日、フェイスブックで「兵役延長に反対する。国民党が政権を取れば、兵役を4カ月に戻す」と明言した。趙氏は同党の24年の総統選挙の有力候補の一人で、党内で一定の影響力を持っている。

台湾、自衛力強化へ兵役延長 4カ月から1年に

  1. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  5. 新型コロナ「5類」引き下げへ それでもワクチン「6回目」は打つべきか、医師の見解