名匠・大森一樹の世界 アイドルからシリアスまで

吉川晃司の経歴を聞き、東京湾を泳いで上京するシーンを入れた 1984年「すかんぴんウォーク」

ZAKZAK
まだ初々しい吉川晃司
まだ初々しい吉川晃司

大森一樹監督の特徴としてアイドル映画に腕を振るったことが挙げられる。吉川晃司を主役にした「民川裕司」3部作をはじめ、「恋する女たち」など斉藤由貴主演の3部作、あるいはSMAPの「シュート!」、山口智子の「大失恋。」といったスター候補生をバックアップしてきた。

「すかんぴんウォーク」(1984年)は赤木圭一郎の再来といわれた吉川のデビュー作。主題歌「モニカ」を歌い、歌手デビューも果たしている。エンディングの「真夜中のストレンジャー」は「モニカ」のカップリング曲だ。「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」との併映だった。

賛否ある作品だが、80年代アイドル映画の傑作との呼び声も高い。内容は広島出身の吉川そのままに、広島から上京して六本木の裏町で苦労しながら、スターの一歩を踏み出していくサクセスストーリー。

そもそも事務所が吉川を売り出すために企画したもの。社長がアイデアを出したが、最初は若手社員に冷笑されたという。それを押し切って青春映画として成功させたのだからすごい。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  5. 【月刊正論】幹部の収入を暴露! 日本共産党の元党員の私が20の疑問に答えます 篠原常一郎