回顧2022

安倍氏の暗殺後に日本は〝タガが外れた〟容疑者モデルの映画、朝日新聞の姿勢は非常識 「言論を暴力で封殺する社会」許すな 岩田温氏

ZAKZAK
安倍氏の「国葬」で掲げられた遺影
安倍氏の「国葬」で掲げられた遺影

まるで日本の箍(たが)が外れてしまったかのようだ。

参院選の最中、安倍晋三元首相が凶弾に倒れた。この後の日本政治、社会を眺めていると、そう思わずにはいられない。安倍氏を暗殺した容疑者をモデルにした映画が、日本赤軍の元メンバーの監督によってつくられた。朝日新聞の記事で、監督は次のように述べている。

会場の日本武道館近くに設けられた一般献花台。2万5000人以上が静かに並んだ
会場の日本武道館近くに設けられた一般献花台。2万5000人以上が静かに並んだ

「個人的な決起を、いつからテロと呼ぶようになったのか。元テロリストと呼ばれている僕は疑問です」

個人的決起であれば暗殺が許されるのか。それこそ、まさにテロではないか。イスラエルのテルアビブ空港で約100人を殺傷した日本赤軍の自動小銃乱射事件も、「個人的決起」だったから許されると、いまだに主張するのか。そうであるならば常軌を逸している。

テロリストは独善的な正義に基づき、法を犯し、平穏な社会を震撼(しんかん)させる。殺戮(さつりく)されるのは無辜の人々だ。

こうした映画を製作する自由は、現代の日本では認められている。中国や北朝鮮とは違い、「表現の自由」が認められた自由民主主義社会だからだ。

だが、こうした映画を、「事件からわずか2カ月半余り」「緊急上映」などと報じた朝日新聞の姿勢は非常識に感じる。

  1. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  5. 新型コロナ「5類」引き下げへ それでもワクチン「6回目」は打つべきか、医師の見解