韓国50万部の勉強本

本当のライバルは「昨日の自分」 心構えひとつで勉強が面白くなる

産経ニュース
韓国の中高生と保護者らに評判を呼んだベストセラーで、日本で発売された「勉強が面白くなる瞬間」
韓国の中高生と保護者らに評判を呼んだベストセラーで、日本で発売された「勉強が面白くなる瞬間」

韓国で50万部のベストセラーとなり、今年5月に日本でも出版された書籍「勉強が面白くなる瞬間」(ダイヤモンド社)。数々の勉強本を手がけてきた担当編集者は、「ノウハウなしで売れるのか」と半信半疑だったが、日本での出版の決め手となったのは、中高生の9割以上が「勉強したくなった」という韓国の調査結果だった。

主に資格試験などを目指すビジネスパーソンや社会人向けに効率的な勉強法の本を出版してきた同社だが、勉強本で「ノウハウなし」という例はない。しかし、韓国の教育機関が13歳から19歳の378人を対象にした調査によると、同書を読んだ後「勉強したくなった」と答えたのは372人(98・4%)、「特に勉強したくはならなかった」は6人だけだったという。

「ノウハウありきではなく、中高生に支持される不思議な魅力がある本」

担当編集者の武井康一郎さんは、次世代の読者を獲得したいと日本での出版に向けて動いた。

本のなかでは、具体的なノウハウではなく、著者の勉強に対する考え方を説いていく。

第1章は、冒頭から《もう手遅れだ》と、周囲と差が付いているであろう読者に厳しい現実を突きつける。自堕落な学生だった著者もその絶望感を味わったからこそ、「後輩」たちに勉強する強い覚悟を求め、諦めるなと励ます。著者が自分の人生を見つめ直し、勉強できる幸せに気付いた経験を通じて、「諦めかけていたことを、最後までやってみたい気持ちにさせられる」(武井さん)。

受験勉強で、ライバルに競争心を燃やす人は多いだろう。ところが、同書は《ライバルはやる気を吸い取る吸血鬼》だと問題視する。ライバルを原動力にすれば、相手の好不調に一喜一憂し、心が不安定になるからだ。

その上で、ライバルとではなく、「昨日の自分」との競争をすべきだという。《自らをありのまま受け入れ、自分を振り返って足りない部分を埋め、自分を成長させる》ためだ。

中高生向けに、かみ砕いた表現で語り掛ける文体だが、分量は300ページにも及ぶ。著者は一気に読み切るのではなく、勉強の合間に1章ずつ読むように勧め、「自分が勉強する理由」をじっくり考えてほしい、と読者に呼びかける。

韓国で2015年に発売。インターネット書店の教保文庫では10点満点中9・7の高評価で、今も書き込みが続くロングセラーで、今年50万部を超えた。

日本では22年5月に出版後、動画投稿サイトのユーチューブで、お笑いタレントの中田敦彦さんが「ゴリゴリの精神論本」と紹介するなど話題を呼び、12月までに8万部を超えた。

この間、新型コロナウイルスの感染拡大で、休校やオンライン授業など教育環境は急激な変化にさらされた。「学校で学ぶことが当たり前でなくなり、自ら学ぶ姿勢が求められるようになった」(武井さん)時代背景も、受験生や保護者の共感を呼んだとみられる。

ツイッターなどSNS上には、受験生や資格、語学試験を受ける人など、さまざまな読者が感想を寄せている。

「諦めかけたり心折れたりしていた人が、本を読んで奮起している。その背中を押したい」

武井さんも書名のツイッターアカウントを作り、読者のつぶやきにエールを送っている。(石川有紀)

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月1日OA第84話あらすじ 相手の母親に土下座した父を情けないという久留美(山下美月)、貴司(赤楚衛二)は…

  2. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月31日OA第83話あらすじ 試作ボルトを持ってライバル企業へ、そこへ荒金(鶴見辰吾)が現れ…

  3. 【列島エイリアンズ】ザル検疫編(2) 未接種、陽性者でも入国できる日本のザルっぷり 堀江貴文氏「ウンコみたいな無駄紙」1人で複数の健康カードを入手した外国人も

  4. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」

  5. 「星降る夜に」1月31日OA第3話あらすじ 鈴(吉高由里子)に触れようとする深夜(ディーン・フジオカ)、2人の姿を一星(北村匠海)が目撃し…