動脈硬化が突発性難聴の重症化に関連 抗凝固薬が治りにくさに影響も 慶応大など

糖尿病や心筋梗塞の既往など、動脈硬化を引き起こす要因が突発性難聴の重症化だけでなく、難聴が発症していない耳(健側)の難聴にも影響を及ぼし、さらに健側に中等度以上の難聴があると突発性難聴が治癒しにくいことが、慶応義塾大学や東海大学などの共同研究で明らかになった。さらに動脈硬化を発症した際に服用する、血栓の生成を防止するための抗凝固薬(血液をサラサラにする薬)が、突発性難聴の回復しにくさに関連していることも判明。研究グループは突発性難聴の診断に動脈硬化のリスク評価や治療状況を加味する必要性を強調している。

動脈硬化が突発性難聴の重症化に影響(Getty Images)※画像はイメージです
動脈硬化が突発性難聴の重症化に影響(Getty Images)※画像はイメージです

診断基準が原因解明を阻んでいる可能性

突然聞こえが悪くなる難聴は「突発難聴」と呼ばれ、爆発音やロックコンサートなど強大音への曝露や聴神経腫瘍、おたふくかぜの罹患などが原因とされる。ただ、突発難聴の原因が不明で、その多くが「突発性難聴」と診断されることが多い。

ステロイドの全身投与や、鼓膜の奥への直接投与等を中心にさまざまな治療が行われているが、その治癒率はわずか3~4割程度にとどまる。突発性難聴の原因・病態にはウイルス感染、自己免疫、動脈硬化や梗塞による内耳への血流障害などの説があるが、いまだ明らかになっていないのが現状だ。

そうした問題の背景にあるのが同疾患に対する診断基準。対象が72時間以内に発症した突然の難聴に限定されていたり、聞こえが悪い耳(患側)のみの聴力を基準にして診断が行われている。研究グループは「解明されていないさまざまな原因や病態が一つの疾患としてまとめて扱われてしまっている可能性がある」と指摘。耳鼻咽喉科の診療で糖尿病などの動脈硬化因子をもつ突発性難聴患者が多いことに着目し、動脈硬化因子と健側の聴力の関連性について、過去に収集された症例を用いた「後ろ向き観察研究」を実施した。

  1. 飾磨工高柔道部で体罰、「ヤンキー先生」三輪教諭ら自宅待機

  2. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月8日OA第89話あらすじ カレーを食べて浩太(高橋克典)との思い出を振り返る悠人(横山裕)

  4. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  5. 清瀬汐希が初主演映画で体当たりヌード ベッドシーン撮影になんと4時間