勝負師たちの系譜

今年活躍の若手棋士、トップと互角に戦った伊藤匠五段 いまや胸を借りるのではない、完全に互角の戦いを演じる棋士たち

ZAKZAK
注目の若手棋士の一人、伊藤匠五段
注目の若手棋士の一人、伊藤匠五段

将棋界の区切りは年度だが、年の終わりに今年活躍した若手棋士に、スポットライトを当ててみたい。

まず棋戦で勝ち上がったということでは、本欄で何度も取り上げた、伊藤匠五段の活躍が顕著だ。

棋王戦コナミグループ杯では本戦で永瀬拓矢王座などを破り、ベスト4まで勝ち上がったが、タイトル100期に執念を燃やす、羽生善治九段に討ち取られた。

敗者復活戦では、藤井聡太竜王と戦い、これまた羽生戦同様、見ている方が最後までどちらが勝ちか分からない、手に汗握る将棋を展開させてくれた。

もはや若手がトップ棋士の胸を借りると言うのでなく、完全に互角の戦いを演じられる棋士が多くなった、と私は見ている。

また大橋貴洸(たかひろ)六段も、相変わらずの活躍が続いている。今年は王座戦で藤井に勝つなどして、決勝に進んだものの、豊島将之九段に敗れて挑戦者になれなかった経験がある。

伊藤や大橋は、最後の一皮が剥ければ、タイトル戦の常連になる可能性はあるとみている。

話は飛ぶが、伊藤と大橋といえば、江戸時代には両家(大橋分家も入れて3家)からしか家元(名人)になれなかった姓である。

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」

  5. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」