中国船2隻、領海侵入72時間超で最長に 25日午前に接続水域に出る

産経ニュース
東シナ海上空から望む尖閣諸島(鈴木健児撮影)
東シナ海上空から望む尖閣諸島(鈴木健児撮影)

第11管区海上保安本部(那覇)は25日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海に侵入していた中国海警局の船2隻が、同日午前10時15分ごろから相次いで領海外側の接続水域に出たと発表した。連続侵入は72時間45分となり、平成24年9月の尖閣国有化以降で最長となった。

11管によると、別の中国船2隻が22日午前9時35分ごろから侵入。23日午前に今回退去した2隻と入れ替わった。日本漁船1隻の動きに合わせて航行しており、海保の巡視船が領海から出るよう警告していた。尖閣周辺の領海侵入は今年37日目。

接続水域では計4隻の航行が確認され、うち1隻は機関砲のようなものを搭載。尖閣周辺で中国船が確認されるのは7日連続となった。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗