宇野昌磨、今季最高100・45点でSP首位 「W杯めっちゃ見た」キス・アンド・クライにメッセージ「ブラボー!」/フィギュア

サンスポ
SPで首位発進した宇野。3年ぶりの日本王者へ、死角は見当たらない(撮影・甘利慈)
SPで首位発進した宇野。3年ぶりの日本王者へ、死角は見当たらない(撮影・甘利慈)

フィギュアスケート・全日本選手権第2日(23日、大阪・東和薬品ラクタブドーム)世界選手権(2023年3月、さいたま市)代表最終選考会を兼ねて行われ、男子ショートプログラム(SP)は3年ぶりの優勝を狙うグランプリ(GP)ファイナル覇者の宇野昌磨(25)=トヨタ自動車=がほぼミスのない演技を見せ、100・45点で首位に立った。2022年北京冬季五輪銀メダルで今季初戦の鍵山優真(19)=オリエンタルバイオ・中京大=はジャンプでミスが続き、81・39点で6位と出遅れた。男子のフリーは25日に実施する。

SPでフィニッシュした瞬間、世界王者の宇野はリンクサイドで崩れ落ちるステファン・ランビエル・コーチに向かって笑顔で〝ごめん〟というジェスチャーを見せた。

圧巻の演技に沸き上がる観客の反応と対照的な〝謝罪〟の理由は、最後のスピンの出来に満足できなかったから。それでも、全体を振り返れば「今できる自分の最高の演技でした」と納得。国際スケート連盟(ISU)非公認ながら、SPの今季世界最高得点をたたき出し、首位発進した。

演技前の6分間練習で体の異変を感じた。「スピードを出すと、絶対に(ジャンプで)失敗する」。意図的に滑るスピードを緩めて対応し、冒頭の4回転フリップは出来栄え点(GOE)で3・14点の加点。3本全てのジャンプを難なく決めた。「いろんな経験を何一つ投げ出さずにやってきたからこそ、気づけたこと」。長年世界のトップで戦ってきた経験を生かし、2位の島田に12・76点の大差をつけた。

世界で戦う森保ジャパンの活躍に心を奪われた。ゲーム好きでインドア派として知られる宇野が今冬、サッカーW杯カタール大会に夢中になった。普段は淡々と話す25歳が興奮気味に「僕、W杯めっちゃ見たんですよ。サッカーファンになった」と声を弾ませた。

今大会は得点を待つ「キス・アンド・クライ」に設置しているボードに出場選手がメッセージを記している。各選手が目標や意気込みを書く中、宇野は「ブラボー!」と日本代表のDF長友が叫んで話題になった言葉を借りた。日本列島を沸かせたヒーローに負けじと、貫禄の舞いでファンを熱狂させた。

25日のフリーは午後9時3分滑走の予定。「試合は自分のレベルアップにつながる場。成長するにはどんな選択をするべきか真剣に向き合えば、自然と結果はついてくる」。3年ぶり5度目の王座へ、死角はない。(武田千怜)

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月1日OA第84話あらすじ 相手の母親に土下座した父を情けないという久留美(山下美月)、貴司(赤楚衛二)は…

  2. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月31日OA第83話あらすじ 試作ボルトを持ってライバル企業へ、そこへ荒金(鶴見辰吾)が現れ…

  3. 【列島エイリアンズ】ザル検疫編(2) 未接種、陽性者でも入国できる日本のザルっぷり 堀江貴文氏「ウンコみたいな無駄紙」1人で複数の健康カードを入手した外国人も

  4. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」

  5. 「星降る夜に」1月31日OA第3話あらすじ 鈴(吉高由里子)に触れようとする深夜(ディーン・フジオカ)、2人の姿を一星(北村匠海)が目撃し…