虎のソナタ

田尾さん、最近は的中しています! 皐月賞予想披露して外したルーキー記者

サンスポ
ことしの皐月賞を制したジオグリフ。田尾さん、最近の丸橋は的中してますよー
ことしの皐月賞を制したジオグリフ。田尾さん、最近の丸橋は的中してますよー

あれはサンケイスポーツに入社して2週間ぐらい経過した頃。高校野球の春季大阪大会取材を命じられた。北陽(現関大北陽)高が登場。記者生活で初めて名刺を差し出した。相手は松岡英孝監督(当時)。

「どうも! 岡田がお世話になっています」

そうです。現阪神監督・岡田彰布の高校時代の恩師だ。すでにバース、掛布、岡田の時代だったが、卒業後、何年経ってもカワイイ教え子のため、丁寧に対応して下さる方だった。恩師を通じて、天下の岡田選手に〝つながった〟気分になって興奮したもんだ。

取材を終えて、会社に電話。すると-。

「アホか! 今、何時やと思ってるんや」

何時って? 午後3時半過ぎではないか?

「スポーツ新聞記者たるもの、日曜のメインレースの出走時刻に電話するとは何事や。まして、きょうは皐月賞やぞ!」

競馬大好きの運動部デスクにメチャクチャ叱られた。やれ報連相(報告、連絡、相談)が大事。いや正確さが一番。締め切りは絶対。散々教えられたが、最初に怒鳴られた原因は、電話した時間。理不尽ですよね、どう考えても。

でも以降、記者人生でGⅠレースの出走時間にだけは会社に電話しないように、肝に銘じた。

ことしの皐月賞の日。ルーキー記者・丸橋正宣は、甲子園歴史館で開催された本紙専属評論家(田尾安志、八木裕、星野伸之)のトークショーの見学に来ていた。

控室。丸橋を評論家諸氏に紹介した。彼はレース部に配属予定なんですよ、と。すると、評論家さんから「皐月賞は何が勝ちそう?」と質問が。

競馬大好きルーキー、流暢に自分の予想を披露した。星野氏がビックリしていた。

「新人なのに、分かりやすく、理路整然と説明できるんですね」

自分の予想を納得させるのが仕事。彼には適性があるってことです。そう解説しておいた。

そこへ田尾さんが突っ込んだ。

「ジオグリフはどう? 買ってるんだけれど」

丸橋は「強いですが、僕はお薦めしません」。キッパリ言い切った。そして結果は…。ハイ、ジオグリフが勝ちました。

その日の阪神戦が終了し、紙面の評論の仕事がすべて終わった後、田尾さんが大笑い。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 【月刊正論】幹部の収入を暴露! 日本共産党の元党員の私が20の疑問に答えます 篠原常一郎

  5. 吉高由里子主演「星降る夜に」第4話あらすじ 春(千葉雄大)に寄り添おうとする一星(北村匠海)、2人は大喧嘩をしてしまう