井岡一翔がフランコとの2団体王座統一戦に自信「チャンピオンとしてのレベルの違いを見せたい」/ボクシング

サンスポ
フランコのパネルをバックにポーズをとる井岡一翔=東京・赤坂(撮影・斎藤浩一)
フランコのパネルをバックにポーズをとる井岡一翔=東京・赤坂(撮影・斎藤浩一)

プロボクシングWBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(33)=志成=が23日、東京・港区のヘキサゴンビルで会見。WBA王者のジョシュア・フランコ(27)=米国=と対戦する2団体王座統一戦(31日、東京・大田区総合体育館)に向けて「チャンピオンとしてのレベルの違いを見せたい」と自信を示した。勝てば日本選手初の2階級での2団体統一王者となる。

井岡の言葉の節々に自信が感じられた。10月28日から約3年ぶりに米ネバダ州ラスベガスでの長期合宿をスタートさせ、今月19日に帰国。師事するイスマエル・サラス・トレーナー(キューバ)の指導を受けて週3回、計100ラウンドほどのスパーリングをこなした。

「充実した良いトレーニングができた。心技体すべてでレベルアップできた。成長した姿をお見せできるんじゃないか」

昨年の大みそかに東京・大田区総合体育館でIBF王者だったジェルウィン・アンカハス(フィリピン)との統一戦が決定していたが、新型コロナウイルスの影響で中止に。代役の福永亮次(角海老宝石)に3-0の12回判定勝ちすると、7月には元世界4階級制覇王者のドニー・ニエテス(フィリピン)に3-0の12回判定勝ち。2018年の大みそかにマカオで敗れた相手に完勝し、5度目の防衛に成功した。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月2日OA第85話あらすじ 舞(福原遥)は父の夢に挑戦していることを祥子(高畑淳子)に報告

  5. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」