春の高校バレー

「コンビ展開」「一戦必勝」 神奈川代表の男子2校紹介

産経ニュース
県大会を制し、6年ぶりに神奈川第1代表としての春の高校バレー出場を決めた慶応の選手たち。前列左から3人目が山口快人主将=平塚市
県大会を制し、6年ぶりに神奈川第1代表としての春の高校バレー出場を決めた慶応の選手たち。前列左から3人目が山口快人主将=平塚市

「ジャパネット杯 春の高校バレー」として来年1月4日に東京体育館(東京都渋谷区)で開幕する「第75回全日本バレーボール高等学校選手権大会」(日本バレーボール協会、産経新聞、フジテレビなど主催)に県代表校として出場する男子2チームを紹介する。

慶応 コンビ展開し8強狙う

2年ぶり4度目の春高となる慶応は、大会初日の4日、3年ぶり26度目出場の西原(沖縄)と戦う。慶応が出場した過去3度の春高の中で2度対戦し、1勝1敗の相手だ。3年前の大会では8強をかけた3回戦で敗れており、主将で3年の山口快人は「先輩の分も勝ちたい」。渡辺大地監督は「生徒たちは上を目指したい、上で勝ちたいという思いが強い。初戦から悔いなく、一試合一試合勝ち抜いていきたい」と語った。

攻撃の中心となるのは主将の山口と3年の野口真幸の両エースで、「山口は安定型、野口は勝負師型でタイプが違う」(渡辺監督)。山口は県予選を「自分にボールが集まりすぎてしまう場面があった」と振り返り、「春高ではもっとコンビを展開し、全員で攻撃したい」と力を込める。

県予選後は、ブロックからのレシーブ、レシーブからの攻撃の流れを重点的に練習してきた。高い天井や広い空間など、コート上での感覚が違う東京体育館でも、守備の場面で安定してボールを上げた上でコンビを合わせて攻撃を展開できるかが鍵になる。

総体や国体で全国の強豪と戦い、「生徒はまだ力不足ということをよく分かっている」と渡辺監督。過去3度の春高の成績はいずれも16強。最大のパフォーマンスを発揮できるよう準備を重ね、慶応史上初の8強、そしてさらにその先を狙う。山口は「本番で力を出し切れるよう、不安要素をなくし、万全の状態で迎えたい」と抱負を語った。

東海大相模 強い結束力で一戦必勝


3年連続6度目の春高となる東海大相模は、大会初日の4日、5年連続10度目出場の天理(奈良)と対戦する。天理戦で勝利すると、2回戦で待ち受けるのは第73回春高の優勝校、東福岡(福岡)。田路(とうじ)尚紀監督は「一戦必勝」とした上で「『打倒東福岡』でダークホースとなれるよう、チーム全員が今、同じ方向を向いている」と、強い結束に手応えを感じている。

田路監督はチームについて、高さに加えて「サーブを強みとする選手が多い」と語り、「サーブとブロックを重点的に磨いてきた集大成として、強豪相手にも手応えを感じたい」と意気込む。主将で3年の木戸楓冴(ふうご)は勝利のポイントとして、序盤でリズムを作った上で「サーブで攻めてブロックで仕留めること」を挙げる。

攻撃面では、バックアタックなど後ろからの攻撃参加を重点的に強化し、「相手ブロック枚数が1枚になったり乱れたときに確実に決めたい」(田路監督)。木戸は「今年は特に攻撃力が高い」といい、自身がセッターとして攻撃陣の強みを引き出す役割を担う。「ブロッカーと駆け引きしてスパイカーに楽に打たせたい」

前回の春高では2回戦でフルセットの激闘の末に涙をのんだ。チームの目標は8強。木戸は「まずは天理という壁があって、さらに東福岡という大きな壁がある。相手は格が上と周りも見ているが、勝ってその先の景色を見たい」と勝利への強い思いを語った。

(橋本愛)

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月1日OA第84話あらすじ 相手の母親に土下座した父を情けないという久留美(山下美月)、貴司(赤楚衛二)は…