NHK、ドラマ紹介の調理法で謝罪 食中毒対策不十分

産経ニュース
東京・渋谷のNHK放送センター=9月
東京・渋谷のNHK放送センター=9月

NHKは23日、総合で放送していたドラマ「作りたい女と食べたい女」(月―木曜夜、14日最終回)が紹介したローストビーフの調理法が、内閣府の食品安全委員会が食中毒を防止できるほど加熱できないことを理由に注意を呼びかけているものだったとしてドラマの公式サイト上で謝罪した。サイトからレシピを削除し、NHKプラスとNHKオンデマンドでも調理場面の一部を修正した。

問題となった回は13日に放送。牛の塊肉を焼いた後、アルミホイルで余熱を使って低温調理する方法だった。NHKによると、視聴者の指摘を受けて調査し、肉の内部温度が食中毒を防止できるほどには上がらないことが分かったという。NHKは「確認が不十分でした。大変失礼いたしました」としている。

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」

  5. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態