5類でも公費負担継続を コロナ治療で知事会

産経ニュース
オミクロン株対応ワクチンの接種が開始された=11月20日、東京都港区(春名中撮影)
オミクロン株対応ワクチンの接種が開始された=11月20日、東京都港区(春名中撮影)

全国知事会の新型コロナウイルス対策本部は23日、国への緊急提言を公表した。コロナの法的位置付けを季節性インフルエンザと同等の「5類」相当に引き下げた場合でも、国や自治体による治療費負担を続けるべきだとしている。ワクチン接種の全額国費負担も維持を求めた。

提言は、コロナが2番目に危険度の高い「2類」相当に位置付けられていることについて「知事会内では、見直しを進めるべきだとの意見が大勢を占めている」と説明。その上で、分類を引き下げると「医療費や投薬治療費などが高額になる」との懸念を示し、当分の間は一定の公費負担が必要だと訴えた。

ワクチン接種の全額国費負担に関しては、やめてしまうと自己負担が生じるため「接種控えを引き起こす可能性がある」と指摘し、継続するよう求めた。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  5. 吉高由里子主演「星降る夜に」第4話あらすじ 春(千葉雄大)に寄り添おうとする一星(北村匠海)、2人は大喧嘩をしてしまう