小祝さくらが行きたいのは過去?未来?「絶対に過去。4歳くらいに戻りたい」/国内女子

サンスポ
イベントに参加した小祝。来季の目標である「メジャー優勝」を色紙に記した
イベントに参加した小祝。来季の目標である「メジャー優勝」を色紙に記した

女子ゴルフでツアー通算8勝の小祝さくら(24)=ニトリ=が23日、新宿で行われた医療機器メーカー「コラントッテ」のイベントに参加し、トークショーなどでファンとの交流を楽しんだ。「これで今年の仕事は終わりです。話すのは苦手だけど、毎回温かい目で見守ってくれるので、安心して話せます」と笑顔で振り返った。

トークショーではファンから多くの質問が投げかけられた。過去と未来いけるならどっちという質問に対し、「絶対に過去。4歳くらいに戻りたい。またゴルフはしないです。専門学校に通って友達とたくさん遊んで学生らしいことをしてみたい」とプロゴルファーならではの願望も口にしていた。

ツアー1年目の2018年の開幕戦から5月の「リゾートトラストレディス」まで全試合に出場し、連続試合出場を歴代4位の142試合まで伸ばした〝鉄人〟。6月のメジャー「全米女子オープン」に出場し記録は途切れたものの、その週以外は今季も全試合に出場して2勝を挙げた。「複数回優勝は達成できてうれしいけど、後半は悔しかった」と一年を振り返った。

今オフの課題はショット。今季から吉田直樹コーチに指導を受け、持ち球をドローからフェードにチェンジ。「最初はフェードが中心だったけど、元々ドローの癖があって、思ったように打てないことが多くて。最後の方は打ち分けて良かったので、オフは両方の球を練習したい」と話す。来年1月4日に大好きなプロレス観戦を楽しんだ後、宮崎や沖縄、米国などで合宿を実施し、来季に備えるつもりだ。

「(国内)メジャーと複数回優勝がしたい」と目標を掲げた小祝。特に取りたい試合は「TOTOジャパンクラシック」と国内メジャーではない米ツアーとの共催大会を挙げた。メジャーではないことを伝えられ「そうなんですか…。4大会どれも魅力的ですけど日本女子オープンですね。TOTOは(副賞の)便器が欲しいので勝ちたい」と驚きつつも満面の笑みで回答。最後まで小祝ワールド全開のまま、来季に向けて再出発する。

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」

  5. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態