情報発信担当の「広報室」新設へ 宮内庁新年度予算案

産経ニュース
東京都千代田区の宮内庁(本社ヘリから、川口良介撮影)
東京都千代田区の宮内庁(本社ヘリから、川口良介撮影)

宮内庁は23日に閣議決定された令和5年度予算案に、積極的な広報や新たな情報発信方法の検討などを担当する「広報室」の新設を盛り込んだ。室長とスタッフ計4人の増員も見込んでおり、来年4月1日から業務をスタートさせる。

宮内庁によると広報室は、現在、報道対応や情報発信を担当している「報道室」と並んで総務課内に設置する。報道室内で現在発信を担当している職員と、増員する4人の計約10人態勢となる予定。室長の人選は今後検討するという。

また、ホームページ(HP)改修に向けた調査、分析のコンサルタント費用として、約400万円をデジタル庁予算案に計上。宮内庁は「HPのリニューアルを含め、広報室でどういう形の発信が適切なのか検討する」と説明している。

皇室の情報発信を巡っては、皇室に対するバッシングが相次いだことを受け、宮内庁長官が3年10月、発信の在り方を「研究」すると表明。今年8月の概算要求で、発信担当の幹部とスタッフ計3人の増員を求めていた。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月1日OA第84話あらすじ 相手の母親に土下座した父を情けないという久留美(山下美月)、貴司(赤楚衛二)は…