iPSで骨格のもと作製 脊椎疾患の治療法開発期待

産経ニュース
骨格や筋肉のもとになる細胞の塊「体節」を、iPS細胞を使って作製したモデル(京都大高等研究院 ヒト生物学高等研究拠点提供)
骨格や筋肉のもとになる細胞の塊「体節」を、iPS細胞を使って作製したモデル(京都大高等研究院 ヒト生物学高等研究拠点提供)

人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、受精卵(胚)の内部で骨格や筋肉のもとになる細胞の塊「体節」のモデルを作製したと、京都大などのチームが21日、英科学誌ネイチャーに発表した。

生命尊重の観点から人の胚を使った研究は厳しく制限されている。今回の手法により人の胚を使うことなく、胚が胎児に成長する過程の解明や、先天性の脊椎疾患の治療法開発につながることが期待される。

チームは人のiPS細胞を集めた塊を立体的に培養し、試験管内で体節のモデルを作製。人の胚のものと形態が似ており、同様の遺伝子が発現していることも確認した。

先天性脊椎疾患の患者にみられる遺伝子の変異を持たせたiPS細胞でこのモデルをつくると、疾患の病態を再現できたという。チームは「生物発生の仕組みの理解につなげたい」としている。

  1. 飾磨工高柔道部で体罰、「ヤンキー先生」三輪教諭ら自宅待機

  2. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月8日OA第89話あらすじ カレーを食べて浩太(高橋克典)との思い出を振り返る悠人(横山裕)

  4. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  5. 清瀬汐希が初主演映画で体当たりヌード ベッドシーン撮影になんと4時間