阪急阪神HD社長に嶋田副社長が昇格 来年3月

産経ニュース
阪急阪神ホールディングス(HD)の社長に昇格する嶋田泰夫副社長
阪急阪神ホールディングス(HD)の社長に昇格する嶋田泰夫副社長

阪急阪神ホールディングス(HD)は21日、嶋田泰夫副社長(58)が社長に就任する人事を発表した。杉山健博社長(64)は退任する。いずれも来年3月1日付。杉山氏は今月21日付で阪神タイガースの取締役オーナーに就任した。角和夫・阪急阪神HD会長は留任する。

新型コロナウイルス禍の収束後を見据え、新たな経営体制を構築することが目的としている。阪急阪神HDは今年5月に、大阪梅田駅周辺をはじめとする沿線開発の強化を掲げた長期経営計画を策定。同計画を推進するにあたり、今年度内の新体制の発足が必要と判断した。

嶋田氏は昭和63年に阪急電鉄(現阪急阪神HD)に入社。阪急阪神HDのグループ経営企画室長、阪急電鉄の経営企画部長など、主に経営企画畑を歩んできた。令和4年4月から阪急電鉄社長を務め、6月からは阪急阪神HD副社長を兼任していた。

  1. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

  2. 1月29日放送NHK大河「どうする家康」第4話あらすじ 信長(岡田准一)から驚くべき条件を提示される元康(松本潤)

  3. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン