NY株5日ぶり反発92ドル高 割安感出た銘柄が買われる

産経ニュース

20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反発し、前日比92・20ドル高の3万2849・74ドルで取引を終えた。前日までの4営業日で1350ドル超下落していたのを背景に、割安感が出た銘柄を中心に買われた。

長期金利の上昇に伴って利ざや改善が意識された一部の金融株や、原油先物相場の上昇で石油株などが物色された。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)による金融引き締め長期化への警戒感が根強く、上値は重かった。日銀が長期金利の上限引き上げを決めたことも相場の重しとなった。

ハイテク株主体のナスダック総合指数も小幅ながら5営業日ぶりに反発し、1・08ポイント高の1万0547・11。

個別銘柄では、ITのIBMや石油のシェブロンの上昇が目立った。半導体のインテルは売られた。(共同)

  1. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  5. 新型コロナ「5類」引き下げへ それでもワクチン「6回目」は打つべきか、医師の見解