〝神薬〟日本の「パブロン」買い占め 感染急拡大の中国でコロナ余波 高額で転売、大正製薬「『用法・用量を守ってください』というほかない」

ZAKZAK
大正製薬の総合感冒薬「パブロンゴールドA〈微粒〉」(同社提供)
大正製薬の総合感冒薬「パブロンゴールドA〈微粒〉」(同社提供)

中国で「ゼロコロナ」政策が崩壊し、感染が急拡大しているが、その余波は日本にも及んでいる。現地で風邪薬が入手困難といわれるなか、日本製の特定の風邪薬が買い占められ、中国で大量に高値で転売されているというのだ。

中国のSNSで転売されている様子(ネットから)
中国のSNSで転売されている様子(ネットから)

「ずっと品切れが続いている。昨日20箱ほど入荷したが、中国系とみられる人が1人で全部買っていった。当分、入荷の予定はない」と東京都内の大手ドラッグストアの薬剤師が明かす。

欠品中の薬は大正製薬の総合感冒薬「パブロンゴールドA〈微粒〉」。都内の別の薬局でも「『44包入り』の一番大きなタイプに人気が集中している。日本の薬は優秀で、いいものは他にもたくさんあるが、口コミで広がっているのだろう」と話す。

同製品の44包入りのメーカー希望小売価格は税込み3025円で、店頭では安いところでは1500円台で売られている。一方、中国のSNS上は「1万箱入手」「299元(約5700円)」などの転売告知であふれかえっている。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  5. 吉高由里子主演「星降る夜に」第4話あらすじ 春(千葉雄大)に寄り添おうとする一星(北村匠海)、2人は大喧嘩をしてしまう