小林繁伝

明暗分けた継投 長嶋巨人が見誤った判断 虎番疾風録其の四(130)

産経ニュース
阪急との日本シリーズ第1戦で投手交代を告げる巨人の長嶋監督(中央)=昭和51年10月23日、後楽園球場
阪急との日本シリーズ第1戦で投手交代を告げる巨人の長嶋監督(中央)=昭和51年10月23日、後楽園球場

昭和51年10月23日、秋晴れの後楽園球場で〝宿命の対決〟が開幕した。

第1戦、巨人は剛腕・山口の右腕にねじ伏せられた。王の同点2ランが飛び出した六回、続く末次が右前安打したところで山口は登場した。


◇第1戦 10月23日 後楽園球場

阪急 010 030 011=6

巨人 200 002 000=4

(勝)山口1勝 〔敗〕小林1敗

(本)王①(山田)中沢①(小林)


投球練習で速球を投げ込むたびに「オオーッ」とスタンドから驚きの声があがる。速い―という印象がさらに強くなる。この時点で勝負あり。ジョンソンが2―1から三振。続く吉田も3球で三振。すべて速球。

八回に決勝点を奪われたその裏の攻撃も、張本左飛、王も速球に詰まって捕邪飛に倒れた。山口は3回⅔を2安打5奪三振の無失点。47球のうち38球が速球。

「山口にやられました。それほど速いという感じはしなかったんですが…」と長嶋監督は唇をかんだ。

実はこの敗戦の中で巨人は大きな「失策」を犯していた。それは五回の継投である。2―1と巨人リードで迎えた五回、先発堀内が先頭の大熊に右翼線二塁打。続く加藤秀を四球で歩かせて無死一、二塁となったところで、巨人ベンチは小林にスイッチした。

するとネット裏で評論家の牧野茂が「ここで堀内を代えるのは難しい選択だ。むしろ危ない」とつぶやいた。一番の理由は「巨人首脳の堀内への信頼度が相手に疑われてしまう。それは後の試合に大きく影響する」というのである。

事実、上田監督は試合後、この継投を「あの場面でホリを代えるというのは、巨人がよほど焦っているか、ホリへの信頼が薄くなっている証拠や」と言ってのけた。牧野は続けた。

「阪急がどの作戦でくるか。マルカーノにバントさせると読めば、守備のいい堀内の続投。強打すると思えば球威のある小林。巨人が小林を出したということは〝強打〟とみたのだろう」

だが、阪急ベンチはマルカーノに「バント」のサインを出した。小林のシンカーをバントするのは難しい。1、2球とファウルして送りバント失敗。追い込まれて強打するしかなくなったマルカーノはシンカーを右中間へ同点のタイムリー二塁打。

「皮肉な結末だな」。巨人の初戦黒星に、牧野の声も心なしか沈んでいた。(敬称略)

■小林繁伝131

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  5. 【月刊正論】幹部の収入を暴露! 日本共産党の元党員の私が20の疑問に答えます 篠原常一郎