ロシア、「併合」4州の親露派トップに勲章授与 既成事実化狙う

産経ニュース
国家勲章を授与し、乾杯するプーチン露大統領=20日、モスクワ(ロイター)
国家勲章を授与し、乾杯するプーチン露大統領=20日、モスクワ(ロイター)

ロシアは20日、国家勲章の授章式を開き、9月に一方的に併合を宣言したウクライナ東・南部4州の親露派勢力トップ4人にプーチン露大統領が勲章を授与した。4州では奪還を目指すウクライナ軍との戦闘が続く中、ロシアは勲章授与で親露派の忠誠心を高めるとともに、4州のロシアへの「帰属変更」を既成事実化する思惑だとみられる。

勲章を授与されたのは、東部ドネツク州のプシリン「首長代行」▽同ルガンスク州のパセチニク「首長代行」▽南部ヘルソン州のサリド「知事代行」▽同ザポロジエ州のバリツキー「知事代行」-ら。ウクライナ侵略で戦果を上げたとする軍人らにも授与された。

プーチン氏は授章式で「ロシアは歴史的に何度も試練に直面してきたが、現在も挑戦を受けている」と侵略を正当化した上で、「前線にいる兵士や将校らは勇気と自己犠牲の模範を示している」と主張した。

一方、ウクライナのゼレンスキー大統領は20日のビデオ声明で、最激戦地であるドネツク州の要衝バフムトを訪問して兵士らに国家勲章を授けたと表明。「ロシアの攻撃の後に残るのは何か。焼け野原と生活の破壊だ。ウクライナ兵はそれを止めるために戦っている」と強調し、国際社会に支援の継続を求めた。

バフムトは同州の中心都市クラマトルスクへの進出ルート上にあり、同州全域の制圧を目指す露軍と、防衛するウクライナ軍の間で過去数カ月間にわたり激戦が続いている。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」