小林繁伝

「巨人に勝たないと」 日本シリーズは宿命対決 虎番疾風録其の四(129)

産経ニュース
巨人の優勝が決まり、日本シリーズについて抱負を語る阪急の上田監督=昭和51年10月16日、西宮球場
巨人の優勝が決まり、日本シリーズについて抱負を語る阪急の上田監督=昭和51年10月16日、西宮球場

長嶋監督が歓喜の中で宙を舞ったちょうどそのとき、阪神は甲子園球場で中日と戦っていた。三回に飛び出した掛布の27号3ランで4―1とリード。六回2死一、二塁。一塁ベースコーチに立っている吉田監督へ、ベンチから一枝コーチが両腕で「×」を作って知らせた。

8月末には8・5ゲーム差もあった巨人を最終戦まで追い詰め、巨人が負ければ〝自力優勝〟の目もあった。だが、戦いは終わった。

「選手の頑張りを優勝に結びつけられず残念です。8月の9連敗が痛かったですな。これを反省し悔しさを生かせば、きっと来年につながるはずです。そう、もうちょっとです」

吉田監督は最後の言葉に思いを込めた。

同じころ、西宮球場ではようやく「日本シリーズ」の相手が決まった阪急の上田監督が記者たちに囲まれていた。

「阪神には悪いが、どうしても巨人に出てきてほしかった」

阪急にとって「巨人」は〝宿命の相手〟だ。昭和42年の初優勝から5度、巨人に挑戦し、ことごとくはね返された。『巨人に勝てぬ阪急』―の汚名は「阪急は強いが人気がない」といわれる遠因になった。

50年、上田阪急は古葉広島を破り悲願の「日本一」となった。だが、周囲の評価は「巨人に勝たないと本当の日本一とはいえない」という厳しいもの。選手たちは悔しさの中で美酒をあおった。

「ほんまに悔しかった。せやから、ことしのわしらの目標はリーグ優勝やなく、巨人に勝って日本一になること。みんな巨人が出てくるのを待ってたんや」と福本は選手たちの声を代弁した。

上田監督は46、47年と2度、西本監督下でヘッドコーチとして戦っている。

「あの歯がゆさがワシのエネルギー源。けど、もう昔の巨人とは違う。ウチは奇策なし。がっぷり四つの横綱相撲でいくで」

実は上田監督と長嶋監督にはもう一つの〝宿命〟があった。昭和32年、上田と村山がバッテリーを組んだ関大が『全日本大学選手権』で、スター長嶋率いる立教と2回戦で激突。勝った立教が「日本一」になっていたのだ。

「あの頃のような気負いはない。けど、巨人相手やからな。プレッシャーはある。もちろんはね返す自信もある。きっとおもしろい戦いになるで」

おもしろい戦い? 上田監督の〝予言〟のように聞こえた。(敬称略)

■小林繁伝130

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」