中国爆撃機2機が沖縄通過 空自、スクランブル対応

産経ニュース
沖縄本島と宮古島との間を通過するルートで、東シナ海から太平洋を往復した中国軍のH6爆撃機=19日(防衛省統合幕僚監部提供)
沖縄本島と宮古島との間を通過するルートで、東シナ海から太平洋を往復した中国軍のH6爆撃機=19日(防衛省統合幕僚監部提供)

防衛省統合幕僚監部は19日、中国軍のH6爆撃機2機が同日午後、沖縄本島と宮古島との間を通過して太平洋に入ったと発表した。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)して対応した。

沖縄南方の太平洋上では17日、中国海軍の空母「遼寧」から艦載の戦闘機やヘリコプターが発着艦し、何らかの訓練をしている可能性がある。防衛省が爆撃機の飛行との関連性など中国側の意図を分析している。

防衛省によると、2機は東シナ海から飛来し、太平洋に出た後、沖大東島の南東で反転し、同じルートを通り東シナ海に戻った。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  5. 【月刊正論】幹部の収入を暴露! 日本共産党の元党員の私が20の疑問に答えます 篠原常一郎