藤子・F・不二雄さんの「流血鬼」などSF短編10作をNHKが実写化 金子大地、堀田真由、加藤茶、又吉直樹ら出演

イザ!
藤子・F・不二雄作品「流血鬼」表紙(C)Fjiko-Pro
藤子・F・不二雄作品「流血鬼」表紙(C)Fjiko-Pro

NHKは9日、漫画家、藤子・F・不二雄さんのSF短編10作品を実写ドラマ化し、2023年春に放送すると発表した。

来年、藤子さんが生誕90周年を迎えることから、実写ドラマ化が決まった。

今回、同局から発表されたのは5作品。コロナ禍を彷彿(ほうふつ)させるウイルスのはびこる世界を描いた「流血鬼」(前後編)には、金子大地、堀田真由、加藤清史郎が出演。締め切りに追われる漫画家がタイムスリップする「昨日のおれは今日の敵」では塚地武雅が主演を務め、水上恒司が、人の心の声が聞こえる不思議な実を手にした青年の物語「テレパ椎」の主人公を演じる。また、食糧危機に陥った未来の老人の悲哀を描く「定年退食」には加藤茶と井上順が出演。悪魔との魂の取引をコミカルに描く「メフィスト惨歌」に又吉直樹、鈴木杏、遠藤憲一といった実力派が顔を揃える。

金子大地
金子大地

BSプレミアムとBS4Kで、各話15分、全12回の放送。放送順は未定で、上記以外の5作品6話も放送予定だ。

刺激的でシュールな味わいのあるSF短編漫画は、「オバケのQ太郎(共著)」「パーマン」「キテレツ大百科」など児童漫画の名作の数々を送り出してきた藤子さんのもう一つのライフワーク。「ドラえもん」の連載が始まる前年の1969年、大人向けコミック誌に発表した「ミノタウロスの皿」の衝撃的な内容が評判となり、生涯にわたって110以上の作品を残した。21世紀の世界を予見していたかのような物語は、傑作ぞろいとの呼び声も高く、長年本格的なドラマ化が待ち望まれていたシリーズでもある。

堀田真由
加藤清史郎
藤子・F・不二雄作品「昨日のおれは今日の敵」表紙(C)Fjiko-Pro
塚地武雅
藤子・F・不二雄作品「テレパ椎」表紙(C)Fjiko-Pro
水上恒司
藤子・F・不二雄作品「定年退食」表紙(C)Fjiko-Pro
加藤茶
井上順
藤子・F・不二雄作品「メフィスト惨歌」表紙(C)Fjiko-Pro
又吉直樹
鈴木杏(撮影・近藤誠司)
遠藤憲一
  1. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場