特例で名球会入りした藤川球児氏「あのときに残した言葉が今に生きるとは…」

サンスポ
特例での名球会入りが決定した藤川球児氏(撮影・東山貴実)
特例での名球会入りが決定した藤川球児氏(撮影・東山貴実)

日本プロ野球名球会は9日、沖縄・那覇市内のホテルで総会を開き、会員の4分の3以上の賛成を得て、元阪神・藤川球児氏(42)と元巨人・上原浩治氏(47)の初めてとなる「特例」での名球会入りを決定した。これで名球会の会員は野手48人、投手17人の計65人が名を連ねることになった。

入会には過去、打者は日米通算2000安打以上、投手は200勝以上もしくは250セーブ以上と規定されていたが、2019年12月の総会で投手の分業制が進み、野球が変化する中で名球会の従来の入会規定に相当する記録保持者を対象に特例を設けることを決めていた。

日米通算61勝、164ホールド、245セーブで名球会入りを果たした藤川氏。総会後、同氏は「僕の現役時代の美学は粉骨砕身で目の前の相手を倒すこと。数字を追いかけてこなかったから、逆に数字じゃないところで認めてもらえたのかな。感謝、感謝です」と喜びを表した。

阪神のOB投手としては村山実氏以来の名球会入り。「阪神の新入団会見で、目いっぱい背伸びして、憧れの投手として村山さんの名前を言わせていただいた。あのときに残した言葉が今に生きるとは…」と感無量の様子。また、1999年ドラフト同期生の上原氏も日米通算134勝、104ホールド、128セーブで同時に名球会入りし、藤川氏は「ずっと上原さんの背中を追いかけてきたのでうれしい。メディアでは〝球児・浩治〟と言われることが多いが、僕の中では〝浩治・球児〟」と話した。(東山貴実)

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月2日OA第85話あらすじ 舞(福原遥)は父の夢に挑戦していることを祥子(高畑淳子)に報告

  5. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」