超高周波が血糖値上昇を抑制 自律神経への作用利用し、糖尿病予防に期待 国立精神・神経医療センターなど

昆虫の鳴き声のような、ヒトの聴覚で聞き取ることができない超高周波を豊富に含む音に、血糖値上昇を抑制する効果がある─。そんな研究結果を国立精神・神経医療研究センターの本田学氏らによる共同研究チームが発表した。超高周波の音が脳神経系を介して自律神経に作用し、血糖値を下げる能力を改善する可能性を示唆する結果で、本田氏は「さまざまな糖尿病治療と組み合わせることで運動療法・食事療法の有効性を高めるなどの効果が期待できる可能性がある」としている。

超高周波を豊富に含む自然環境音に血糖値を抑制する効果が(Getty Images)※画像はイメージです
超高周波を豊富に含む自然環境音に血糖値を抑制する効果が(Getty Images)※画像はイメージです

糖尿病のハイリスク者で顕著な効果

今回の共同研究には、アニメ映画「アキラ」のサウンドトラックを手掛けたことで知られる芸能山城組の代表、大橋力氏らも参加した。大橋氏は国際科学振興財団情報環境研究所の所長でもあり、20キロヘルツ以上の超高周波を含んで複雑に変化する自然環境音の研究を重ねてきた。これまでに、こうした自然環境音に自律神経や免疫の働きをコントロールする中脳・視床・視床下部を活性化させる「ハイパーソニック・エフェクト」と呼ばれる作用があり、免疫活性の改善の他、アドレナリンやコルチゾールなどのストレスホルモンを減少させる効果があることをつきとめるなどの成果を上げている。

本田氏や大橋氏らは今回、ハイパーソニック・エフェクトが自律神経系と密接な関係にある血糖値を下げる能力に及ぼす影響を調査。糖尿病を発症していない25人を対象に、糖尿病の標準的な検査法である経口ブドウ糖負荷試験を実施。(1)超高周波あり環境音(2)超高周波なし環境音(3)音なし─という3つの音条件の違いによってブドウ糖負荷後の血糖値がどう変化していくのかを検証した。

研究に用いた自然環境音はボルネオ島の熱帯雨林で特別な超広帯域録音システムを用いて収録したもの。100kHz以上の超高周波音も再生できる特殊な音響機器を使用し、被験者を取り囲むようにスピーカーを置くことで可能な限り熱帯雨林の自然環境の中と同じような音環境を作り出し、2時間にわたって再生した。

  1. 飾磨工高柔道部で体罰、「ヤンキー先生」三輪教諭ら自宅待機

  2. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月8日OA第89話あらすじ カレーを食べて浩太(高橋克典)との思い出を振り返る悠人(横山裕)

  4. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  5. 清瀬汐希が初主演映画で体当たりヌード ベッドシーン撮影になんと4時間