野菜のプロ直伝「乾燥した大根の復活法」に反響続々 「知らなんだ」「今度復活の儀を行います」

イザ!
大根。写真はイメージ egal/iStock/Getty Images Plus:ゲッティイメージズ提供
大根。写真はイメージ egal/iStock/Getty Images Plus:ゲッティイメージズ提供

ツイッターアカウント「青髪のテツ|野菜のプロ」が発信した「乾燥した大根は捨てないで!」とのツイートが、SNSで「目からウロコ」などと話題になっている。

スーパーの青果部勤務歴10年という「青髪のテツ」さんが運営する同アカウント。8日午後2時の時点でフォロワー数が52万を超える人気で、NHKの番組でも「節約に役立つ」などと紹介されたこともある。

7日、「【お願い】シワシワになった大根を…」と切り出し、「捨てないでください!! 捨てないでください!! 捨てないでください!!」と連呼。そのうえで「乾燥し水分が抜けているだけで、そのまま鍋に入れても漬物にしても問題なく食べられます!」と続け、「実際両端をカットし半日水につけておくだけでここまで戻ります」と説明した。ツイートには、水分が抜けた状態の大根と戻った大根の比較写真も添付されている。

SNSには、「知らなんだ」「いつもシワシワになると捨ててた」「いつもしわしわの大根を悲しい気持ちで食べてました。今度復活の儀を行います」「パッと見、傷んでると思ってしまうけど食べられるのね」といった声が殺到。また「水に浸けて1〜3日、元に戻ったと思いその後調子こいて1週間つけ続けたら腐りました笑」というリプライには、「鮮度が戻るわけではないので、お早めにお使いください」というアドバイスを送った。

一方、「え、シワシワで捨てる人がいることにビックリ!」といった反応もあり、逆に水分の抜けた大根を推す人も少なくなかった。ツイッターには「味がギュッと詰まって良いお出汁が出ます。私はわざと冷蔵庫でシワシワにするw」「シワシワになったくらいが煮物やらなにやらするのに水分を吸いやすく、味がしみやすくなって私は使いやすい」「シワシワな方がむしろ味吸うからね おでんに使うとか最高レベル」といったコメントもあった。

  1. 飾磨工高柔道部で体罰、「ヤンキー先生」三輪教諭ら自宅待機

  2. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月8日OA第89話あらすじ カレーを食べて浩太(高橋克典)との思い出を振り返る悠人(横山裕)

  4. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  5. 清瀬汐希が初主演映画で体当たりヌード ベッドシーン撮影になんと4時間