NHK「舞いあがれ!」サブタイ「別れ」は舞(福原遥)と柏木(目黒蓮)?朝ドラファン「水島学生?」「中澤学生かな?」

イザ!
左から、水島祐樹(佐野弘樹)、柏木弘明(目黒蓮)、矢野倫子(山崎紘菜)、中澤真一(濱正悟)。審査前の朝食時は同期の仲間たちに円陣を提案して、元気づけようとしていた水島だったが…。(C)NHK
左から、水島祐樹(佐野弘樹)、柏木弘明(目黒蓮)、矢野倫子(山崎紘菜)、中澤真一(濱正悟)。審査前の朝食時は同期の仲間たちに円陣を提案して、元気づけようとしていた水島だったが…。(C)NHK

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」の第10週「別れと初恋」(第46~50話)が5日、スタートした。視聴者の間では、サブタイトルにある「別れ」という言葉から、ヒロインが訓練に励む航空学校で、その同期から脱落者が出ることを予想する声があがっている。

大阪府東大阪市と長崎県の五島列島などを舞台に、東大阪の町工場で生まれた主人公の岩倉舞(福原遥)が空を飛ぶ夢に向かう物語。この日は、航空学校の帯広分校で、舞と同期生5人が、単独で飛行訓練可能かどうかを見極める中間審査(プリソロチェック)に臨む様子が描かれた。プリソロチェックは脱落者が出ることが多く、ここで「フェイル」(退学)と言い渡され、訓練続行が危険と判断された学生は、1週間以内に学校を立ち去らなければならない。審査当日、舞たち同期生は、張り詰めた雰囲気のなかで朝食をとった。

そして、いよいよ審査本番。舞の班の1番手は優等生の柏木弘明(Snow Man・目黒蓮)で、そつなくこなして審査を担当した教官の評価も上々。次は舞が挑むが、着陸で横風に流されてしまい、やり直してなんとか着陸できたものの、センターを外してしまった。一方、2人のフライトを管制室で見守っていた水島祐樹(佐野弘樹)は、いつもの楽天的でにこやかな表情から一転、緊張した面持ちで、手は小刻みに震えていた。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月2日OA第85話あらすじ 舞(福原遥)は父の夢に挑戦していることを祥子(高畑淳子)に報告

  5. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」