NHK大河「鎌倉殿の13人」12月4日OA第46話あらすじ 京で高まる鎌倉への不信感、北条家では泰時(坂口健太郎)が思い悩み…

イザ!
鎌倉御所・庭にて。施餓鬼を行い、民とふれあう政子(小池栄子) (C)NHK
鎌倉御所・庭にて。施餓鬼を行い、民とふれあう政子(小池栄子) (C)NHK

俳優・小栗旬が主人公の北条義時を演じ、源平合戦から鎌倉幕府誕生、そして政権の継承をめぐって舞台裏で繰り広げられる激しいサバイバルを描くNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(毎週日曜 BSプレミアム・午後6時~、総合・午後8時~)。これまでの内容を振り返りながら、4日に放送される第46話のあらすじを紹介する。

鎌倉御所・政子の居室にて。北条義時(小栗旬)と対峙した政子は自分を指さし…(C)NHK
鎌倉御所・政子の居室にて。北条義時(小栗旬)と対峙した政子は自分を指さし…(C)NHK

「鎌倉殿の13人」これまでの流れ

病に倒れた2代目の鎌倉殿、源頼家(金子大地)の後継問題をめぐり、宿老で義時の父、時政(坂東彌十郎)と、頼家の乳父、比企能員(佐藤二朗)との間で覇権争いが勃発。能員は誅殺され、比企家は滅亡した。その後、頼家も暗殺され、弟の実朝(柿澤勇人)が3代目になると、時政が執権別当に就任。権力を握った時政は横暴な振る舞いが目立つようになり、義時は時政を失脚へと追い込み、さらに御家人最長老、和田義盛(横田栄司)も討ち取った。

鎌倉御所・廊下にて。息子の時元(森優作)のためにあることを三浦義村(山本耕史)に相談する実衣(宮澤エマ)(C)NHK
鎌倉御所・廊下にて。息子の時元(森優作)のためにあることを三浦義村(山本耕史)に相談する実衣(宮澤エマ)(C)NHK

鎌倉が揺れるなか、実朝は御家人同士の争いをなくすため、次期将軍を天皇家から出してもらい、自身が大御所として後見役につくことを提案。後鳥羽上皇(尾上松也)の皇子、頼仁親王が次期鎌倉殿に決まった。

院御所・庭にて。後鳥羽上皇(尾上松也)に決意を伝える西面の武士・藤原秀康(星智也)(C)NHK

その頃、頼家の次男、公暁(寛一郎)が修行先から鎌倉に戻り、鶴岡八幡宮の別当に就任。頼朝(大泉洋)の血を引き、鎌倉殿への野心を燃やす公暁は、実朝の計画を知り、怒りを募らせた。さらに乳父の三浦義村(山本耕史)から、父、頼家とわずか6歳だった兄、一幡(相澤壮太)が北条家の陰謀によって殺されたことを聞き、義時への復讐を誓った。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月2日OA第85話あらすじ 舞(福原遥)は父の夢に挑戦していることを祥子(高畑淳子)に報告

  5. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」