初防衛の藤井聡太竜王 「結果を出すことができてほっとしている」/将棋

サンスポ
初防衛した藤井聡太竜王=鹿児島県指宿市(日本将棋連盟提供)
初防衛した藤井聡太竜王=鹿児島県指宿市(日本将棋連盟提供)

将棋の藤井聡太竜王(20)=棋聖・王位・叡王・王将との5冠=が3日、鹿児島県指宿市で指された第35期竜王戦七番勝負第6局で後手の広瀬章人八段(35)を下し、対戦成績4勝2敗として初防衛を果たした。

終局後、藤井竜王は「内容的にも押されている将棋が多く、大変なシリーズだった。広瀬八段に序盤から工夫をされて、それに対して上手い対応を返せないことが多かった。改めて自分の課題を感じたところはあった」とコメント。初防衛には「苦しいシリーズだったが、なんとか結果を出すことができてほっとしている」と心境を明かした。

年内の防衛戦はこれで終了したが、「今年は1月からタイトル戦の対局が続くような形で、大変な将棋ばかりだったが、収穫もいろいろあり、大きくコンディションを崩さずに常に戦えたのはよかった」。ファンからは8冠制覇も期待されるが、「それについては意識することではないと思っている。今後も少しでも実力を高められるように頑張りたいと思います」と話した。


  1. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  2. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  3. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  4. 佐藤早也伽と岩出玲亜が転倒 佐藤は両ひざから出血/大阪国際女子マラソン

  5. 「罠の戦争」第3話あらすじ 亨(草なぎ剛)は犬飼(本田博太郎)の息子の不祥事隠蔽に事務所の金が使われていたことに気づく

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン