笹子トンネル事故10年、遺族ら献花

産経ニュース
中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故から10年となり、慰霊碑に献花し手を合わせる、亡くなった小林洋平さんの父寿男さん(右)と母悦子さん=2日午前、山梨県大月市(代表撮影)
中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故から10年となり、慰霊碑に献花し手を合わせる、亡くなった小林洋平さんの父寿男さん(右)と母悦子さん=2日午前、山梨県大月市(代表撮影)

平成24年に9人が死亡、3人が重軽傷を負った中央自動車道笹子トンネル(山梨県)の天井板崩落事故は2日、発生から10年となった。事故発生時刻の午前8時過ぎ、遺族らがトンネルの東京側に設置された慰霊碑に献花、黙禱(もくとう)した。

天井板崩落事故があった中央自動車道上り線笹子トンネルの出口付近=2012年12月2日、山梨県大月市
天井板崩落事故があった中央自動車道上り線笹子トンネルの出口付近=2012年12月2日、山梨県大月市

現場から約8キロ東の初狩パーキングエリア(同県大月市)にある別の慰霊碑前では、中日本高速道路(名古屋市)が追悼慰霊式を開催。新型コロナウイルス禍で見送られていた遺族による追悼の言葉が3年ぶりに述べられ、6月に就任した小室俊二社長も出席予定。

事故は24年12月2日朝、東京方面に向かう上り線のトンネル内で天井板が138メートルにわたり崩落し、車3台が下敷きになるなどした。天井板のつり金具を固定するボルトが脱落したことが原因で、中日本高速の維持管理体制が不十分だったとされる。


  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月2日OA第85話あらすじ 舞(福原遥)は父の夢に挑戦していることを祥子(高畑淳子)に報告