祇園のミシュラン店がモミジを無断伐採 建仁寺が被害届

産経ニュース
枝ごと切り取られた痕跡が残るモミジ=30日午前、京都市東山区の建仁寺(木下倫太朗撮影)
枝ごと切り取られた痕跡が残るモミジ=30日午前、京都市東山区の建仁寺(木下倫太朗撮影)

境内に植えられたモミジの枝を無断で伐採されたとして古刹(こさつ)・建仁寺(京都市東山区)が、窃盗容疑で京都府警東山署に被害届を提出したことが30日、寺への取材で分かった。近くの祇園にある日本料理店の男性店主が産経新聞の取材に関与を認め、「従業員が料理の飾りとして持ち帰った」と説明。店は「ミシュランガイド京都・大阪2023」で二つ星を獲得している。

寺によると、11月18日午後10時半ごろ、境内の駐車場利用者が袋を持った男2人を発見。声をかけると、袋の中には赤く色付いたモミジの枝4本(長さ約20~40センチ、計3千円相当)が入っていたため、警察と寺に通報した。

2人は料理店の従業員で、防犯カメラにはフェンス(高さ約1メートル)に登り、ライトで照らしながら枝を手繰り寄せて切り取る様子が映っていた。11月上旬の日中にも境内でモミジの枝を切っていた男を職員が発見。男も2人組と同じ料理店名を名乗ったという。

料理店店主は取材に対し、18日夜の行為について「本来は里山に取りに行ったり、買ったりしていたが店が繁忙期でつい出来心で取ってしまった。指導が不十分だった。自分の責任であり、深く謝罪したい」と話した。一方、「建仁寺から取ったのは今回が初めて」とし、11月上旬の伐採については否定した。

無断で伐採されたモミジの枝
無断で伐採されたモミジの枝

寺では過去にもモミジが切られる被害があり、抑止の観点から21日に被害届を提出したという。臨済宗建仁寺派の浅野俊道内務部長は「他の神社仏閣でも同じような被害があると思う。モミジも参拝者の心のよりどころの一つで、切り取られることは痛々しく悲しい」と語った。

建仁寺は「京都最古の禅寺」として知られる臨済宗建仁寺派大本山。建仁2(1202)年に鎌倉幕府2代将軍、源頼家が寺域を寄進し、栄西を初代住職として建立された。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月1日OA第84話あらすじ 相手の母親に土下座した父を情けないという久留美(山下美月)、貴司(赤楚衛二)は…