NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月1日OA第44話あらすじ 柏木(目黒蓮)が父親の話を始め…

イザ!
左から、柏木弘明(目黒蓮)、岩倉舞(福原遥)。柏木と水島の部屋で、着陸のイメージトレーニングにつきあう柏木。(C)NHK
左から、柏木弘明(目黒蓮)、岩倉舞(福原遥)。柏木と水島の部屋で、着陸のイメージトレーニングにつきあう柏木。(C)NHK

大阪府東大阪市と長崎県の五島列島などを舞台に、女優の福原遥が空を飛ぶ夢に向かう主人公、岩倉舞役を演じるNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」(総合など)の第44話が12月1日、放送される。

「舞いあがれ!」これまでの流れ

浪速大の学生だった舞は、旅客機のパイロットになるため、大学を中退して航空学校に入学。その宮崎本校で、柏木弘明(Snow Man・目黒蓮)、矢野倫子(山崎紘菜)、中澤真一(濱正悟)、吉田大誠(醍醐虎汰朗)、水島祐樹(佐野弘樹)らの同期と出会い、4カ月に及ぶ座学課程を修了した。

ドラマは現在、第9週「私らはチームや」(第41~45話)が放送されている。北海道・帯広でのフライト課程へと進んだ舞たちは3人1組のチームに分けられ、舞は柏木、水島と再び同じ班になり、「鬼教官」と呼ばれる大河内守(吉川晃司)の指導のもとで学ぶことになった。

(左から)矢野倫子(山崎紘菜)、中澤真一(濱正悟)、吉田大誠(醍醐虎汰朗)。(C)NHK
(左から)矢野倫子(山崎紘菜)、中澤真一(濱正悟)、吉田大誠(醍醐虎汰朗)。(C)NHK

舞は、飛行前の確認作業「プロシージャー」を披露するも、途中でつっかえてしまい、大河内から「明日までに完ぺきにできるようにしろ」という注意を受けてしまう。舞はその晩、水島の部屋を訪ね、プロシージャーの練習に付き合ってもらった。途中から相手が同部屋の柏木に代わり、2人で練習に没頭。なんとか言えるようになったものの、舞はまだ不安だった。そんな彼女に柏木は「明日のフライト、俺は楽しみだけど。だって、飛ぶために来たんだろ?」という言葉をかけた。

迎えた初フライトの日、前日、プロシージャーがうまくいかなかった舞が訓練の一番手として指名された。操縦席に座り、操縦かんを握る舞。滑走路で「センターがずれている。目線を遠くへ」などと注意を受けながら、飛行機は空へと飛び立った。途中「センター、ずれてる。足使え」「操縦かん動かすな!」などの指示が飛んだが、飛行が安定すると、大河内は「よし、水平飛行をキープだ」。舞は緊張の面持ちで「ふー」と一息つき、心の中で「飛べた…空飛べた」とつぶやいた。

  1. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  2. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

  3. NHK「舞いあがれ!」結果を表情で見せる赤楚衛二の演技を朝ドラファン絶賛 舞(福原遥)と手を握り合うシーンは「21秒」

  4. NHK「舞いあがれ!」雪乃さん(くわばたりえ)の名言に朝ドラファン爆笑「冴えわたってんなぁw」「平安時代w」

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月27日OA第81話あらすじ 飛行機部品の圧造に成功、笠巻(古舘寛治)は転造での秘策を匂わす

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン