ノーベル平和賞受賞決定者を起訴 ベラルーシ検察

産経ニュース
ビャリャツキ氏(AP)
ビャリャツキ氏(AP)

ベラルーシ最高検察庁は28日、今年のノーベル平和賞の共同受賞が決まっている同国の人権活動家アレシ・ビャリャツキ氏の起訴を発表した。ロシア通信が伝えた。社会秩序を乱す行為への参加などを理由としている。

ビャリャツキ氏はベラルーシで人権団体「ビャスナ(春)」を創設。ルカシェンコ大統領の強権的統治を批判するなどして2021年7月に拘束され、裁判が開かれないまま拘置所での拘束が続いている。

ノルウェーのノーベル賞委員会は10月、ビャリャツキ氏とウクライナの人権団体「市民自由センター」(CCL)、ロシアの人権団体「メモリアル」に今年のノーベル平和賞を授与すると発表。来月10日にオスロで開かれる授賞式には本人に代わって関係者が出席する予定になっている。(共同)

  1. Wi-Fiルーターは暖房のついた部屋へ「知らんかった…」大寒波襲来を受けたバッファローの注意喚起が話題に

  2. NHK「舞いあがれ!」雪乃さん(くわばたりえ)の名言に朝ドラファン爆笑「冴えわたってんなぁw」「平安時代w」

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月27日OA第81話あらすじ 飛行機部品の圧造に成功、笠巻(古舘寛治)は転造での秘策を匂わす

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン