サッカー日本代表、グループリーグ突破確率は26.1% コスタリカに敗北で大幅下落

ITメディア
JX通信社はサッカー日本代表がグループリーグを突破する確率を71%と分析(画像はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)
JX通信社はサッカー日本代表がグループリーグを突破する確率を71%と分析(画像はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

JX通信社(東京都千代田区)はAI(人工知能)を用いた独自の分析で、サッカー日本代表がワールドカップのグループリーグを突破する確率は26.1%だと発表した。当初の突破確率は約34%だったが、11月23日のドイツ戦で勝利した結果、71%まで大幅に上昇していた。

当初のシミュレーション(27日正午時点)では、日本対コスタリカ戦の日本の勝率を46.0%、日本がグループリーグを突破できる確率を70.8%と予想していた。しかし、同日午後7時から行われたコスタリカ戦で日本代表が敗北したことで、グループリーグを突破できる確率は33.9%まで下落。スペイン対ドイツ戦で引き分けたことで、突破確率はさらに26.1%まで下落した。

日本はグループリーグ最終戦としてスペイン代表(12月2日午前4時キックオフ)と対戦予定で、勝利できる確率は21.0%となっている。日本がグループリーグを突破するには、スペイン戦に勝利するか、引き分けた上で、同時に行われているドイツ対コスタリカ戦においてドイツが引き分け以上になることが必須だ。

日本代表がグループリーグを突破した場合、ベスト16で、グループFの1位チームまたは2位チームと対戦。グループFの4カ国のうち、モロッコが突破の有力候補(突破確率90.5%)だ。日本がベスト16への進出を決めた場合は、モロッコとの対戦が有力で、日本にとってW杯最高成績となるベスト8への進出確率は10.3%となっている。

同社は、20日に開幕したサッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会に合わせ、「2022サッカーW杯 勝敗確率&優勝国 AIシミュレータ」を開発。AIを活用した独自の数理モデルを構築し、全ての試合結果を1万回シミュレーションした。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  3. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」