死の直前「後悔ない」 故エリザベス英女王の伝記

産経ニュース
6月、在位70年を祝う行事でバッキンガム宮殿のバルコニーに立つエリザベス英女王=ロンドン(ゲッティ=共同)
6月、在位70年を祝う行事でバッキンガム宮殿のバルコニーに立つエリザベス英女王=ロンドン(ゲッティ=共同)

9月8日に96歳で死去したエリザベス英女王が、亡くなる直前に「後悔はない」と語っていたと、王室と親交のある作家ジャイルズ・ブランドレス氏が12月に出版する伝記で明らかにした。「女王は残された時間が限られていると分かっていて、それを受け入れていた」という。デーリー・メール紙電子版が26日までに報じた。王室は伝記の内容にコメントしていない。

女王は滞在先の英北部スコットランドにあるバルモラル城で息を引き取った。同紙が掲載した伝記の抜粋によると、女王は亡くなる直前の週末に英国教会の聖職者と過ごし、幼少時代や自身の馬、ロシアのウクライナ侵攻への悲しみについて語った。聖職者は、女王が「生き生きとして魅力的」で「信仰は彼女にとって全てだった。後悔はないと話していた」と明らかにしたという。(共同)

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」