ガーナ、強豪ポルトガルに一歩及ばず ロスタイムの同点機逃す

産経ニュース
ポルトガル―ガーナの後半、チーム2点目のゴールを決めるポルトガルのジョアンフェリックス(中央)。GKジギ=ドーハ(共同)
ポルトガル―ガーナの後半、チーム2点目のゴールを決めるポルトガルのジョアンフェリックス(中央)。GKジギ=ドーハ(共同)

サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグH組で、2大会ぶり出場のガーナは強豪ポルトガルに一歩及ばなかった。1―3の後半44分にブカリがヘディングを決めて1点差。ロスタイムには相手GKがボールを地面に置いた瞬間、背後で気配を消していたウィリアムスが一気にかっさらったが、足を滑らせて千載一遇の同点機を逃した。

現役時代にガーナ代表として2006年大会の16強入りを経験したアッド監督は、「勇敢に戦った」と2得点を評価。微妙な接触でロナルドにPKが与えられた場面には「間違った判定だ。こっちはボールに対してプレーしていた」と不満をあらわにした。(共同)

  1. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  2. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 母親が11歳娘に覚醒剤与えて交際相手とのわいせつ行為を撮影、立件した滋賀県警の執念

  5. がん闘病ワッキー、「胃ろう」生活告白「放射線化学療法でめちゃくちゃ気持ち悪くなる」